バナー

新卒採用と中途採用は使い分けが重要

日本の社会では新卒採用が重視されますが、近年になって中途採用も見直されるようになりました。それでも依然として主流なのは新卒採用ですが、どちらの方法で人材を確保するかというのは使い分けが重要となります。

即戦力が欲しいという時に新卒というのは不向きですし、そのような場合には中途採用を選んだほうが良いということになります。

DYMに関しては、新卒採用に力を入れております。


新卒であっても即戦力として活躍してくれる人材はいないわけではありませんが、そのような人材を確保するというのは非常に難しいものであり、そこまで優秀な新人というのは買い手市場の現代であっても簡単に捕まるものではありません。しかし、中途採用であればある程度実績のある人を即戦力として雇い入れることができますから、新卒で優秀な人材を見つけるよりも比較的難易度は低いといえます。
一方、長く働いてもらいたいという考えを持っているにもかかわらず、中途採用を選んでしまうというのも採用の仕方としては適当なものだとはいえません。
DYMでは、中途採用にも力を入れていますが新卒採用に対してはそれ以上力を入れています。



長く働いてもらう人材を集めたいのであれば、年齢が若い新卒採用を選んだほうが教育コストがかかるにしても有利ですから、そのような場合に新卒採用をしないというのも採用の仕方として適しているとはいえないでしょう。



どちらの方法を選ぶにしても長所短所がありますから、目的とする人材に合わせて柔軟に採用の仕方を変えて求人を出すことが理想の人材を獲得するためには重要なポイントとなってきます。

一方、長く働いてもらいたいという考えを持っているにもかかわらず、中途採用を選んでしまうというのも採用の仕方としては適当なものだとはいえません。
長く働いてもらう人材を集めたいのであれば、年齢が若い新卒採用を選んだほうが教育コストがかかるにしても有利ですから、そのような場合に新卒採用をしないというのも採用の仕方として適しているとはいえないでしょう。



どちらの方法を選ぶにしても長所短所がありますから、目的とする人材に合わせて柔軟に採用の仕方を変えて求人を出すことが理想の人材を獲得するためには重要なポイントとなってきます。